スタッフブログ

スタッフブログ

2020/02/02

投稿者: N

和室を子供部屋にリノベしてみたら、

こんにちわ。

今年度もあとすこし。

年が明けるとあっと言う間に春がやってくるような気がしますね。

 

4月になれば

3人兄妹のわが家の長男は3年生。

次女はピカピカの小学1年生になります。

そして昨日、保育園合格!の知らせが届き、

次女も晴れて保育園に入園することになりました!!

ヤッター!!アリガトウゴザイマスー!!という感謝とともに、

こりゃ慌ただしい3月になるなとすでに焦りがではじめました。

 

さて、そんな大きくなってきた3人兄妹のために、

昨年は使っていなかった和室を子供部屋にガラッとリノベしました。

いろいろお伝えしたいなーと思いつつ、こんな季節まで放置してしまいました。

 

 

↓和室時代のビフォアー写真。

年齢が離れていることもあって、いきなり3個室作るのはどうだろうということで、

とりあえず後で仕切れるような1室の大きな子供部屋に。

そして、面積が狭い分広さを感じられるように、

性格がちっちゃくまとまらないように(( ´∀` ))

天井を壊して吹き抜けのロフト空間に。

天井裏から現れた梁に、ブランコを引掛けてみました。

愛いっぱいの父(社長)特製ブランコは、毎回結び直さないとグダグダになります。危険。

※お客さまのおうちならば、プロに施工させますのでご安心ください。

 

 

今日はブランコではなく、床のお話を。。

 

床は既存床の上からそのまま置ける ユカハリタイル というものを使いました。

スギの無塗装品で、この見た目のかわいさ。正方形は小学校の教室のよう。

当然、脚触りもめちゃくちゃ気持ちよいです。

置くだけで、すごい変わった!!というのが一番の感想。

裸足できもちいい。

この年齢のこどもはとくに、じべたに座って遊びますから、床大事ですよね。

 

施工は私と兄姉でせっせと並べ、端っこの難しいところだけ父担当。

きっちりとした長男はじゅうぶん役に立ちます。

子供たちが並べて、私が仕上並べ。

だんだん飽きる女子。

飽きた長女はユカハリタイルの梱包袋をスカートに変身させていました。。

性格が私と似ています。

 

それでも子供たちの頑張りのおかげで

1、2時間程度で、あっという間に完成。

 

今回ちょっと難だなというところは、

端っこの処理はやはりプロいないと大変です。

入り組んだ所とか、きれいにやりたいならなおさら。

丸のこで調整できる人のは、なかなか近くにはいませんよね。

 

単純に施工手間を抑えられるので、

フロア貼替の選択しとして

プロにユカハリタイルでお願いするのもアリだなと思います。

 

AKARITOKIでも、

ユカハリタイルの販売はもちろん、施工補助(端っこの加工)もいっしょに御見積できますよ。

 

杉のかおりもするし、いい雰囲気の子供部屋になってます。

お友達もとても楽しそうにしてくれます。

 

今日はこのあたりで。

次回は、子供部屋に使った断熱と壁材のこと、あとロフトのことなどを

お伝えしたいと思います!

 

 

わが家のリノベーション。また書きます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

無料駐車場 キッズスペース 完備

CONTACT

AKARItoKIが気になる!そんな方はこちら!

SHOWROOMにぜひお気軽にお越しください。

直接来店はもちろん、住宅のご相談をされたい方はお気軽にご予約来店ください。

  • LINEで相談・予約 外部リンク
  • メールフォーム リンクバナー