津市K様邸

運命の板と出会う タブの木ダイニングテーブル

8cmほどの穴ボコのあるタブの木が入荷したその日、ご来店されたご夫婦。
もう季節も忘れてしまったけれど、ご夫婦がこの木と出会った時の様子を、今でも鮮明に覚えている。

市場価値からすると欠点とみなされる、この穴ボコを、たいそう気に入ってくださり個性だと言ってくれた。
こんなに運命的な出会いが訪れて、この木は幸せ者。

タブ独特のラフでかっこいい質感は、お部屋全体のインテリアにもぴったりでした。
ご家族の笑顔の真ん中で、新しい暮らしがスタートします。

ダイニングテーブル、ベンチ

1左

タブの木の存在感

1右

ベンチも一緒に

2左

脚は木組みの脚

2右

8cm大の穴ボコは個性!

3左

美しい艶感

3右

運命の無垢板